HOME>記事一覧>英語脳になるために英語で考えることが大切

通いやすさを重視

手を上げる女性

英会話スクールの通いやすさを考えるのであれば、月謝制は最も通いやすい制度となっています。はじめの契約の際に1年間の月謝を先払いする英会話スクールが増えていますが、1年先の予定などがわからないものです。海外転勤が決まってしまえば、まとめて払った月謝が無駄になってしまいます。そこで、月謝制であれば、現実的な範囲内で英会話スクールに通って英語を学ぶことができます。都合が悪くて出席できない時には、振替制度を用意している良心的なスクールも少なくないため、月謝制は語学を学ぶ上でリアリティのある制度であることが分かります。都合が悪ければ、一旦休止することも容易です。

講師の質問でみるみる上達

女性

講師が矢継ぎ早に質問をする少人数制の英会話スクールでは、言葉のキャッチボールをすることが求められるので、英語の上達に繋がります。月謝制では、一般的に少人数のグループレッスンが実施されているのであります。

英語を聞いて、英語で考え、英語で答える

男女

英語を聞き、英語で考えてすぐに英語を話すという一連の流れは、月謝制の英会話スクールが最も重視するサイクルです。このサイクルを早く行うことで、日本語で考えるスキを与えず、英語脳を作ることに大変役立ちます。

広告募集中