費用の支払方法は大きく分けて二つ

授業

英会話スクールの料金システムにはいくつかありますが、大まかに分けると「一括払い」か「月謝制」に分けることができます。一括払いは半年ないし一年間など、料金をまとめて支払う方法で、大手の英会話スクールではこの方法をとっているところが多いようです。一方の「月謝制」は毎月決められた額を支払うシステムで、中規模の教室や個人で運営しているところはこの制度のところが大半です。一括払いに比べ初期に多くの費用がかかりませんので、気軽に始めやすくまた手続きもスムーズな点が特徴です。料金も分かりやすく定額であるため、毎月の出費管理もしやすいというのがメリットです。また、万が一続けられなくなった時には、いつでもやめられるという点も大きいでしょう。

「月額制」とどう違うのか

Speak English

英会話教室の支払い方法で混同されやすいのが「月謝制」と「月額制」で、なかには同じものだと勘違いしている人もいるようです。月謝制は1か月分のレッスン代を毎月支払うものであることは前述したとおりで、テキスト代など以外は毎月のレッスン費用だけですみます。一方の月額制というのは、一括払いする費用をローンなどを組んで毎月支払っていくことを指しています。いわゆる「月賦」だと思えば良いでしょう。ですので、利息やクレジットカードなどの手数料が派生することも多く、万が一解約したい際などには、いろいろと手続きも面倒になったりします。そのため、やめたいけれどやめられないということになりやすいです。

無料体験レッスンも受けられるので安心

先生と生徒

続けられなくなった時に気軽にやめられるというメリットがある分、月謝制の英会話教室は無料お試しレッスンなどが充実していないのではないか、と考えている人もいるようです。ところがそんなことは全くありません。月謝制のスクールでも無料体験が出来るところが多く、実際に教えてもらう講師やレッスン内容を確認してからの入学が可能です。規模に関わらずネイティブ講師が在籍しているところや少人数制を採用しているなど、一括払いの学校に劣らない充実度ですので、気軽に体験レッスンを受けてみることをおすすめします。

振替制度が可能なところが多い

教室

月謝制の英会話教室は、ひと月のレッスン回数が決まっていますので、曜日や時間は固定制となっているところが多くなります。そこで、どうしても都合がつかなくなって教室に行けない場合には「振替制度」を利用することが出来ます。レッスン予約が1ヶ月前までにしなければいけないところもあり、予約はしてしまったけれどレッスン日が近づいた頃になって急な予定が派生する、ということは良くあります。スクールによって振替可能回数や申し出期限、申し込み方法などは異なっていますので、入学前には詳細を確認しておきましょう。多くの教室では、パソコンやスマートフォンなどからネットでの振替が出来るシステムを採用していますので、手間もかからず便利です。

広告募集中